Factoring

会社の運転資金の捻出にファクタリングのサービスは救世主的存在

ファクタリングとコンサルタントは切り分ける!

会社経営の中で、資金繰りに悩まされる可能性は少なからずあります。公的な融資や金融機関からの融資、ファクタリングにより売掛金を売買譲渡するなど選択肢は様々です。ですが、資金計画を社内で行う場合、専門知識を有する社員を配置する、その業務に時間を割り当てるなどコスト面や作業効率という面でデメリットもあります。その際、コンサルタントを利用し、会社経営に役立てることもあります。ファクタリング会社では、売掛金の買取だけでなく、コンサルタント事業を行っているケースがあります。ですが、ファクタリングを利用した際、コンサルタントの勧誘を受けても契約は避けるべきです。ファクタリング会社に善し悪しがあるように、コンサルタント会社にも善し悪しがあります。
もし、ファクタリングを利用し、コンサルタントもとなると弱みを握られ、利益を得るために誘導される可能性もあります。資金繰りが悪いといって、コンサルタントが自社のファクタリングを利用させ、さらに高額な手数料を搾取されてしまう可能性があります。そのため、コンサルタントとファクタリングは別々の会社を利用し、牽制能力つまりチェック業務をさせるのがベストです。別々とすることで、相手の言いなりにならず、怪しいファクタリング会社を事前に把握することも可能です。

イチオシ情報

ファクタリングで貸倒リスクを社外へ!

売掛金が発生すると、その分だけ貸倒のリスクを負うことになります。製品の納入後、即入金であれば、貸倒リスクに備えて貸倒引当金を計上する必要がありません。しかし、売掛金は月末払いや翌月、翌々月の入金…

くわしく読む

ファクタリングとコンサルタントは切り分ける!

会社経営の中で、資金繰りに悩まされる可能性は少なからずあります。公的な融資や金融機関からの融資、ファクタリングにより売掛金を売買譲渡するなど選択肢は様々です。ですが、資金計画を社内で行う場合、専…

くわしく読む

ファクタリングはどこから費用が発生するか要注意!

今では、売掛金を売買譲渡して資金調達するファクタリングの知名度は、高まりつつあります。ファクタリング自体は歴史が長いものの、これまでは知名度が低いだけでなく、認知していてもどのようなファクタリン…

くわしく読む

ニュース一覧

TOP