Factoring

会社の運転資金の捻出にファクタリングのサービスは救世主的存在

ファクタリングで損する売掛金は?

売掛金に対する取引先の支払方法には、現金や小切手、支払手形があります。ファクタリングでは、支払期日が到来前の売掛金を現金化できるため、手元に現金が入ります。しかし、ファクタリング会社には現金だけでなく、小切手や受取手形を買取するケースがあるものの、小切手や受取手形のファクタリングは損をしてしまいます。
小切手については、振り出された場合、銀行に持ち込むことで取引先の当座から現金を引き出せるため、売掛金に手数料を発生させず、速やかに現金が手元に入ります。そのため、ファクタリングで売買譲渡するメリットはありません。
一方、取引先からの受取手形は期限が到来する以前に現金化すると、割引手数料が生じます。ファクタリング会社が買い取ったとしても、手数料が差し引かれ、本来の現金が受け取れないのが事実です。一見すると、期日到来前の支払手形を買い取ってもらった方がいいと考えますが、受取手形は裏書をすることで支払にも利用出来ます。しかも、記載された額面通りの金額で取引に利用出来るため、ファクタリング会社が受取手形の買取を勧めてきたとしても、応じないことが損失を防ぐ方法になります。
先ず、ファクタリングは現金で支払われる売掛金に限定することが重要です。

イチオシ情報

ファクタリングで貸倒リスクを社外へ!

売掛金が発生すると、その分だけ貸倒のリスクを負うことになります。製品の納入後、即入金であれば、貸倒リスクに備えて貸倒引当金を計上する必要がありません。しかし、売掛金は月末払いや翌月、翌々月の入金…

くわしく読む

ファクタリングとコンサルタントは切り分ける!

会社経営の中で、資金繰りに悩まされる可能性は少なからずあります。公的な融資や金融機関からの融資、ファクタリングにより売掛金を売買譲渡するなど選択肢は様々です。ですが、資金計画を社内で行う場合、専…

くわしく読む

ファクタリングはどこから費用が発生するか要注意!

今では、売掛金を売買譲渡して資金調達するファクタリングの知名度は、高まりつつあります。ファクタリング自体は歴史が長いものの、これまでは知名度が低いだけでなく、認知していてもどのようなファクタリン…

くわしく読む

ニュース一覧

TOP