Factoring

会社の運転資金の捻出にファクタリングのサービスは救世主的存在

ファクタリングで貸倒リスクを社外へ!

売掛金が発生すると、その分だけ貸倒のリスクを負うことになります。製品の納入後、即入金であれば、貸倒リスクに備えて貸倒引当金を計上する必要がありません。しかし、売掛金は月末払いや翌月、翌々月の入金になることもあり、取引先の急な資金繰り悪化により、自社も影響を受けてしまう可能性があります。ですが、償還請求権のないファクタリングを利用することで、貸倒リスクを社外に移すことが可能になります。結果として、自社の連鎖倒産のリスクを回避することにも繋がります。そして、ファクタリングにより売掛金を売買譲渡すれば、貸倒引当金を計上することが無くなり、企業価値を高めることも可能です。
貸借対照表(BS)では、貸倒引当金が見えてしまい、金額が大きい程、リスクのある取引をしていると判断されかねません。そして、貸倒引当金自体は負債と扱われるため、株価への影響も少なからずあります。さらに、万が一に備える費用であり、自由に流用出来ないという問題もあり、ファクタリングにより計上額が抑えられれば、別のことに資産を効率良く充てられることにも繋がります。単に売掛金の売買譲渡により、資金調達をするだけでなく、リスク管理という面でもファクタリングは効果的な方法になります。

イチオシ情報

ファクタリングで貸倒リスクを社外へ!

売掛金が発生すると、その分だけ貸倒のリスクを負うことになります。製品の納入後、即入金であれば、貸倒リスクに備えて貸倒引当金を計上する必要がありません。しかし、売掛金は月末払いや翌月、翌々月の入金…

くわしく読む

ファクタリングとコンサルタントは切り分ける!

会社経営の中で、資金繰りに悩まされる可能性は少なからずあります。公的な融資や金融機関からの融資、ファクタリングにより売掛金を売買譲渡するなど選択肢は様々です。ですが、資金計画を社内で行う場合、専…

くわしく読む

ファクタリングはどこから費用が発生するか要注意!

今では、売掛金を売買譲渡して資金調達するファクタリングの知名度は、高まりつつあります。ファクタリング自体は歴史が長いものの、これまでは知名度が低いだけでなく、認知していてもどのようなファクタリン…

くわしく読む

ニュース一覧

TOP